So-net無料ブログ作成
検索選択

鳥羽伏見を散策 [寺社仏閣]

鳥羽伏見といえば幕末の戦が有名ですが、その昔院政が敷かれた地でもあるとのことで、鳥羽上皇や白河上皇と縁の深い城南宮へ行って参りました。
今日は菊の巫女神楽の奉納がある日だったので、早速拝見。

IMG_1248.JPG

折角なのでこの日だけ頂けるらしいお守り頂いてお祓いしてもらってきました。
ついでに普段は登れない神楽殿に登って1周ぐるっと見てきました。中は恐らく儀式用と思われる祭壇と椅子がずらりと並んでいる様子。
そして源氏物語の光の御殿をモデルに作られたと言われている神苑も拝観。

IMG_1259.JPG

中には四季折々のテーマに沿った植物が植えられていて、源氏物語からの引用と植物の解説が添えてあります。物語作者と同じ名前の紫式部に丁度実が成ってました。

IMG_1249.JPG

IMG_1250.JPG

写真は撮れなかったですが、今丁度神苑内のギャラリーで源氏物語の白描画展をやっていて、物語の一部場面を見られます。繊細な筆遣いで髪の細やかな線が描かれていたり、着物の重ねが描かれているのが良く分かって良かったです。
そしてお茶席で一服...お茶席から見える池に近寄ると鯉が口パクパクさせながら寄ってくる(笑)。警戒心なんてものはゼロなようです。
石庭は小さいですが、良く手入れが行き届いていて綺麗でした。

IMG_1264.JPG

この後、鳥羽上皇、白河上皇、近衛上皇の御陵を拝見したのですが、鳥羽離宮跡は普通の公園になってしまっていて非常に残念な思いでてくてく歩いて帰ってきました。
因に鳥羽伏見の戦いの際には、この城南宮とうちの近所の御香宮に薩摩が布陣したらしいと今日知りました。なんか色々と縁があって、両神社で同じ神功皇后を奉ってはるんかな?と思ったりしつつ。。。
歴史って調べるほどに面白い。
学校で習ってた頃は歴史の授業なんて全然面白いと思ってなかったけど(^_^;)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。