So-net無料ブログ作成
検索選択

世界最古の土器発見の地! [遺跡・史跡]

長崎県の某テーマパーク内にできて、先月からオープンしているレストランに併設されている野菜工場は、実はうちの会社の植物工場です。
ということで、月に1〜2回、技術指導のために長崎県まで出張しています。
遠いよね、長崎。
欲しいよね、どこでもドアー。
行って帰ってきてだけじゃ、全然楽しくないんですよ、基本仕事柄室内にずっと引きこもりっぱなしだし。

てことで業務時間外に、行ってきました出張先から電車で行ける「泉福寺洞穴」!!
この洞穴何がスゴいって、「豆粒文土器」という約13,000年前に作られたらしい世界最古の土器が発掘された場所らしいです。しかも、当時中学生だった地元の考古学ファンの子達がこの洞窟を見つけたと、確か現地の案内板に書いてました。
これがその洞窟です。

IMG_3889.JPG

IMG_3891.JPG

発掘が行われた後は当然ながら埋め戻されたようで、外から見た感じでは奥行きもそんなにない小さな洞窟が4つと、砂岩質の崖にいくつか大きな穴が空いていると言った感じでしたが、この下2mくらいの深さまで、後期旧石器時代まで遡れる地層があり、そこまで発掘調査が行われたことがあるようです。って、佐世保博物館美術館5Fの展示室に書いてあった。
ちなみに、旧石器時代、縄文時代、弥生時代、平安時代の生活痕がそれぞれの地層で見つかっているそうで、よっぽど地質的に安定した場所なんだなと思っていたら、落盤があった層があったらしいので、そうでもないのかもしれない...。

因に行かれる際には、最寄り駅「泉福寺」で電車を降りて道なりに坂道を上っていくと、案内表示がちゃんとありますので、それに従って真っすぐ進まれるのが良いと思います。
何故こんなことを言うかというと、googlemapさんに道を尋ねると迂回路を案内されるのですが、私が観た限り、案内表示横を真っすぐ通らない限りは、道がないというか、山の上から崖の横側を下りてくるくらいしかなさそうに見えたので。
因にこの道を行っても、途中から獣道になっていて舗装もされていないので、歩きやすい靴と服装で行かれることを強くオススメします!

案内表示↓

IMG_3888.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近見た映画の話

近所のTUTAYAでDVD100円レンタルセールをやってたからという不純な理由で、プラッと借りてきた「危険なプロット」(原題dans la maison)が、期待以上に面白かったです。
一言で言うと、酷く良い映画でした。

いまいち正しい発音が分からない、Ernst Umhauerという役者さんの目がものすごく印象的すぎる。
主人公の妻役の、クリスティン スコット トマスさんが美人すぎる。
そしてラストカットが背筋が薄ら寒くなるような美しさがある、そんな感じです。

タイトルは原題のままだとフランス語で馴染みがないというなら、せめて英語の「In the House」にしてくれた方が、良かったんじゃないかしらと思うのですが...仕方ないんやろか。

まだ旧作と準新作は100円のはずなので、土日に出張の報告書を書く合間になんか見よーっと。
取りあえず、学生時代からずっと追いかけてる海外ドラマシリーズの、「メンタリスト」と「クリミナルマインド」は暫くサボってる間に1シーズン分以上たまってしまったので、追いかけなければ...
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。