So-net無料ブログ作成
準備編 ブログトップ
前の5件 | -

ボチボチ荷造りしてますん。 [準備編]

ボチボチも何も、本気で取りかかれば1日で終わることなのですが、他のこともやりつつなのと、まだ日にちあるしなぁとか思っているとやる気が出ないのでダラダラやっている限りです。
基本的には、数日分の着替えと、ニュージーランドについて書かれた地図付きの本と、石けん類と、日焼け止めと、パソコンがあればどこにいくにも事足ります。私は多分荷物そんなに多くない方なのでパッキングは楽チンです。
その他はオプションとしてあると便利かなと思うものを隙間に詰め込んでいくだけです。
特に常備薬とか海外対応のドライヤーとか、エネループ(なんと変電機なしで使えることが判明。便利)とか、カッパや防寒グッズなんかは隙間に適当に詰め込んでます。
因にニュージーランドは固有種の多い島国で、政府がそれらの保護に熱心なので、食べ物の個人的な持ち込みには非常に厳しいチェックがつきます。
植物の種とか、動物を使った製品なんかもチェック対象です。普段使ってるウサギファーの耳当ても申請しなきゃならないのかな...移民局に聞いてみないとダメですね。
そんな感じなので、私は食べ物は機内で食べきるもの以外は持っていかない予定です。
都市部ならアジアの食べ物も手に入りやすいと聞きますし(割高らしいですが)、そもそも行った先のものを楽しまないと損だと思っている方なので、現地の食材と料理を楽しむ方向性で行きたいと思ってます。
それに前に1度滞在してるので、ニュージーランドのご飯が美味しいのは知っているから、余計なんの問題もないです☆

そんな感じなので、まだスーツケースの半分がほとんど空状態...無駄にぬいぐるみとか詰めたくなるww
取りあえず、消耗品や洋服なんかは現地でも買えますし、ホームステイするとなると日用品も別段必要にならないですし(こだわりの石けんとかは一応持っていきますが)、残りの1週間で荷物を増やす方向性で整理するという訳の分からない現状ですw
着物でも無駄に持って行こうかな。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そして、現地でも買えるけど持ってくと便利なものをちょこっと紹介するミニコーナー作ってみました。大体前回の渡航時の経験からなので、もしかしたら今は少し事情が違うものもあるかもですが。

○電池:ニュージーランドは農業国なので、電化製品は輸入に頼るため、割高なのだそうです。
○ティッシュ、生理用品:何故か日本のものの方か紙質が良くて滑らかです。向こうのはちょっとゴワゴワする...。
○保湿マスク:これは国際線に乗る際にあると良いと思いました。前回飛行機乗ったときに、めっちゃ乾燥してて喉が渇きまくって、全く熟睡できなかったんですもの...機内で飲む用のペットボトル入りの水と一緒に必須だと思いました。
○カッパ:冬場のオークランド行くときには必須だそうです。雨が多い上風が強いから傘は役に立たない、と冬のオークランド経験者が教えてくれました。
○帽子:紫外線が強い地域なので、美白とか気にしない人でも、皮膚がん予防のために日焼け予防は必須です。長袖のTシャツとかでも良いですが、夏は暑いから嫌だと言う人は、取りあえず帽子と日焼け止めクリームを持ってくと良いのだと思います。私はフル装備で行きますw

おおまかにこんな感じで、少々だらけ気味な今日この頃でした。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

携帯の解約がめんどくさいという残念なお話 [準備編]

最近頭が痛い件です。
今の携帯を契約したのが数年前の5月なので、5月中でないと解約できないらしいです。
いや、正確に言うと5月以外に解約すると、違約金として約1万円かかるらしいです。
解約するだけで1万円て、そんな無茶な。
ここがアメリカなら間違いなく訴訟やで。
と思わずにはいられない衝撃的な契約者縛り付け約款ですよ。
日本に戻ってきても、面倒だからもう二度と携帯は持つまい。
持ってもプリペイド式のやつにしよう。
とヘソを曲げた今日この頃でした。

あ、それで結局携帯はどうするのかというと、日本にいる家族に委任状を預けて、5月になったらauショップに持って行ってもらい、解約手続きしてもらうという話になっています。
日本に家族がいて良かったよ。
みんな海外に出ていたりしたら、うっかり解約金1万円なーりー。ですよ。
それでも、実質携帯使えない4月分丸っと基本料は取られるんですよね...。
どんよりした気分になってきたから、この件は暫く考えないことにしよう。

ちなみにニュージーランドで携帯をどうするかも考えているのですが、取りあえずmacさんは持って行くので、しばらくこのまま生活してみて、必要性が出てきたらレンタルしようかなと思っています。
プリペイドの携帯が割と安く借りられるらしいので。
今現地にいるけどもうすぐ帰国する人が、ガレージセールやってるサイトなんかもあるので、場合によってはそこを探してみて安く買っても良いかなとも思ってます。
そちらはまあ、追々。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そして色々忘れていたことに気づく [準備編]

母に指摘されてやっと気づいたのですが、国内用に元々かけてた保険会社に住所変更手続きと海外渡航の通知をし忘れてました(汗)。
気づいて良かった。
今日焦って電話したところ、変更手続き用の書類を送るから、届き次第至急返送するようにと言われてしまった...ギリギリまで気づかんくてすみませんでした。
そして、私が入っているのは全労済なのですが、どうやら場合によっては海外に行っても国内に事務手続き代行を頼める人間(私の場合は家族)がいる場合には、保険の請求ができるっぽい??のか???
詳細は調べてみないといかんので、約款よく読んでおこう。
渡航までもう一月きったというのに、ぼちぼちやり残しに気づいて焦ります。

そしてそろそろキャッシュパスポート 申請もしないと。
現金は日本円のまま持って行くので良いとして、その他はキャッシュパスポート
で持って行った方が安心なので。
要するに、プリペイドカード方式のトラベラーズチェックみたいなもの、らしいです。
外貨建てのものもありますがニュージーランドドルのものはないので、私は日本円のカードを持ってく予定です。
使い心地は現地に行って使ってみないと分からないので、それはまたそのときにでも。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ということで振込に行ってきました [準備編]

といっても昨日の話になってしまいますが。
離職前に使っていたメインバンクのATMも支店も小樽にはない(笑)ので、札幌まで出張です。

語学学校の方は当日の11:30に連絡が来て、当日のレートにて振込金額が確定、15:00までに振込というバタバタした感じでしたが、無事に終わって良かったー。
正直不便だし別段メリットがあるわけでもないので、語学学校の申し込みも自分でやったら良かったかな。と思ってしまった。
因に、大概の語学学校は1日体験入学というのをやっているので、体験入学で直接現地に行ってみて、気に入ったら申し込みをして現地で支払いも済ませてしまうというのが一番良い方法なのかも。とぼんやり感じた次第です。
万一次の機会があったらそうしよう。

保険の方は、申し込み時のレートが1週間適応されるから、1週間以内に指定口座に振り込んでね。という親切設計だったので助かりました。
そして本日保険証書が届きました。
私の場合は、滞在期間分ではなく、とりあえず語学学校への在学期間中のみ先に保険を申し込んであります。
「ニュージーランドスチューデントプラン」というプランです。
このプランは在学中じゃないと入れないのですが、保険料が割安で、眼鏡などの視力矯正にかかる費用もカバーされるなど、内容もよりお得だったので半年分はこちらにしました。
なので、残りの滞在分は在学中に現地で新規契約になります。
現地で銀行口座を作ったら早めに申し込みしようと思ってます。

そして折角札幌まで出張ったので、使っていない銀行口座の整理もして、ついでに偶然目の前を通りがかった札幌時計台の中を見てきました。
工事中でない時計台を見るのは初めてだったので、感慨深いものが...行ったときいつも工事中だったから、一生工事してるのかと思ってた(笑)。
案外由緒正しい、そして日本に4台しかない貴重な時計台だということを知って、満足して帰ってきました。
近場でもたまにちょっとだけぷらぷらすると楽しいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そしてそろそろ保険も準備 [準備編]

海外に長期滞在するなら保険は必須です。(保険に入らないと学校に通えなかったりとか色々制限がつくくらい大事です)
日本ではAIUの海外保険なんかが有名で、ワーホリの資料を集めている段階でもパンフをたくさんもらいましたが、調べてみると他に良さげな保険があったので私はそちらにしました。
「ユニケア」という保険会社の保険なのですが、保証内容はAIUなどのメジャーな海外保険とほぼ同様で、保険料は約半分というお徳さが売りです。
ただ、この保険はニュージーランドとオーストラリアに渡航専用の保険らしいです。
あとは、クレームの際最初の100$くらいは免責になるとか、いろいろと細かい独自の約款があるので、渡航予定のある方は複数社の保険約款をよく読み比べて検討されるのが良いかと思います。
保険の約款って細かくて面倒ですが、こればかりは重要事項なので読飛ばせないです。
特にクレームの仕方と、免責と、解約については必読です。

因に私がユニケアにした一番の理由はやはり価格です。
だってメジャーな保険だと1年で最低10万円はかかるんですもの。
保険だけで10万とかやってられないです。
死んでしまいます。
ということで多少免責はあるものの、保証項目はメジャーな保険と遜色なく、尚かつ安価な方を選びました。
あ、でも保険は意外とお金かかるからって、節約のつもりで無保険で渡航は流石にオススメできないです。
何かあったらそれこそ死んでしまいます。

因に、ニュージーランドは意外と置き引きとかATMでカード盗まれたとか車上荒らしとか空き巣とか、金銭がらみの軽犯罪は多いと、現地で10年以上住んでいるという知人に聞きました。
殺人とか強盗とかあと職業犯罪は少なくて比較的平和なイメージが強いですが、犯罪遭遇率は非常に高いらしいです。
身の回りのものから目を離さないとか、バックパックに貴重品は詰めないとか、海外旅行行くのにして当然な注意をするとともに、携行品への保証が適応される保険に入っておくのと、携行品の所有を主張できるように、保証書やレシートを別途保存して持っておくとか、自分が持っている写真を撮っておくとか、なにかしら証拠になるものを用意しておくことも重要です。(って、ユニケアのHPに書いてあったww)
という保険のお話でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 準備編 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。