So-net無料ブログ作成
検索選択

2件目の農場(写真ギャラリー) [WWOOF]

ということで、すっかり書飛ばしていた2件目の農場についてです。実は2件目の農場では最初行った時に少しばかり問題があり、というかつく前に迷子になったりと、私が旅に出る度に毎度お馴染みの冒険記があったりするのですが(笑)、まあ説明はいったん飛ばして写真載っけちゃいます。

2件目に行った農場は、Whakataneという北島の東海岸側にある、日光に非常に恵まれた場所です。恵まれたどころが、日差しが強すぎて乾燥しすぎの問題がある場所でした。Aucklandとはエラい違いです。ビックリしましたとも。そんな場所に約3週間くらい滞在して、主にオリーブの木の面倒を見ておりました。

その農場がこちらです。
と言っても、見えるのはWWOOFerが大量に必要なオリーブの収穫時期にWWOOFerが泊まるところで、私が今回泊まっていたのは農場主の方と同じ家になるので、右側にちょこっと見えるかどうか...なんですけど(笑)。

DSCN2414.JPG


そして泊まっていた部屋から見える景色。海の向こうにあるのはWhale Islandsです。

DSCN2350.JPG


そして毎日午前中働いていたオリーブ農園。

DSCN2380.JPG

DSCN2400.JPG


鶏3羽が虫の管理を任されているのですが、如何せん奴らチキンなので、近寄って写真撮ろうとすると全力疾走で逃げます(笑)。

DSCN2392.JPG


そして牛が2頭だけ、ほぼペットと変わらん様子で買われているのと、養蜂してるのでところどころに蜂の巣箱があります。ここの蜂蜜はめちゃくちゃ美味しかったです。ちなみにオリーブオイルもめちゃくちゃ美味しいですけど、何せ作ってるオイル全部がニュージーランド国内で銅賞から金賞まで色々取ってるというハイパーな感じを発揮してました。

DSCN2403.JPG


DSCN2413.JPG


そして2回程マカデミアナッツとマンダリン(多分みかんと同じか親戚)の収穫も行って来ました。実は違う農家の人の農場なんですけども、何かそこの人たち忙しくて収穫しきれないから持ってけよ的な感じらしく。

DSCN2452.JPG


DSCN2345.JPG


DSCN2451.JPG


そしてその農場に居る鴨達はみかん好きらしく、少し皮に穴をあけてほいっと投げてやると凄い勢いで食いついてました。まあ美味いけどね、意外と器用に実だけ食べるものだと感心しましたよ。

DSCN2443.JPG


そして土曜の朝は早起きして、地元のマーケットの店番の手伝いです。隣にいたお菓子店の奥さんと仲良くなって、「ちょっと何か食べて来るから15分くらい店の面倒頼むわ」ということになりそちらも手伝ったりしてました。そして給料の代わりにファッジ(キャラメルの柔らかくてくっ付かないやつ、みたいなの)頂きました。美味しかったです。

DSCN2410.JPG



そしてまだ写真があるのですが、疲れたので近いうちに時間見つけてまたアップします。
如何せん3週間いたので、そして他にWWOOFerも居なくて農業の他に本当に何もやることねぇ!!っていう生活をしていたので、農場内とその近くをぷらぷら歩いてこちらの農場では結構写真撮ったのです。
そんな感じで、今日はこれからアパート探しに行ってきます。


ニュージーランド産はちみつ 「マヌカハニー:MANUKA 500g」

初めての農場(写真ギャラリー) [WWOOF]

ということで、スーツケースUSBリーダーを預けたまま旅に出発するというアホっぷりを発揮したまま、農場で撮った写真のアップをしていなかったので、ザックリと写真載っけていこうと思います。
1月ちょっと前に最初に行った農場での生活と学んだ事については以前サラッと書きましたが、今回はそちらの農場で撮った写真です。

こちらは自宅用に栽培しているレタスやアーティチョークが植わっている小さいけど良く整備された、オーガニックガーデンです。雑草抜いたりマルチ敷いたり、主な仕事場でもありました。

DSCN2309.JPG


そして多分ライムの木。

DSCN2314.JPG


こちらは農場でウサギを捕まえると噂のお猫様です。耳が聞こえないらしいのですが、後ろから近づいたりして驚かさなければ大丈夫、心ゆくまで撫でさせてくれます。もう一匹黒と茶色のブチ猫さんもいたんですが、そちらの猫さんはアウトドア派であんまりコテージ近くに居なかったので撮り逃しました...無念。

DSCN2312.JPG


そして宿泊していたコテージの前にも猫さんが(笑)

DSCN2315.JPG



あとは農場近くにあるSwanson treckingの道をフランス人カップルと共に歩いた際の写真をザラッと。

DSCN2317.JPG

DSCN2326.JPG


暗い(本当に真っ暗い)トンネルを抜けるとそこにはヤギと羊がいました。ちゃっかり撮ってますけど全然知らない小さい農場の子達です(笑)

DSCN2333.JPG


DSCN2330.JPG



そして最後に、農場主のお二人と、一緒に働いたフランス人カップル&日本人の大学生と撮った写真です。っていうか自分で撮ったから自分は居ないんですけど(笑)。
農場主のお二人は本当にスゴく良い人たちで、もの凄く良い時間を過ごさせて頂きました。小さいけど何か優しさに溢れた、美しい農場でございました。。。凄く綺麗な白馬とロバ4兄弟もいたのに...見るのに夢中で写真撮り忘れたことを後悔... orz

DSCN2334.JPG



JALで行く国内旅行

農場で学んできた事まとめその1 [WWOOF]

ということで、明日旅立つ前に前回の農場で学んで来たことをザックリとおさらいです。忘れないうちに書いとかないと(汗)。

1、マルチング
2、堆肥作り
3、ミミズ牧場(英語Worm farmingというので自分なりに訳してみました)

の3つが特に自分には新しかったです。

まずは最初のマルチング。マルチというのは、木屑や枝葉を細かく砕いたものを混ぜ合わせたチップなんですが、それを使って雑草を抑えてました。手順としては

1、農作物を植えてある周辺の雑草を刈り取る
2、人が通る細い道にあたる部分に新聞紙や大きい黒いビニールを敷き詰める
3、2の上に万遍なく、尚かつやや分厚めに「マルチ」を敷き詰める(この際雑草を抑える目的上、端っこ部分を特に丁寧に作業する)

という感じです。

次の堆肥作りについてはご想像の通り、動物の糞を利用するのですが、土に混ぜ込むのではなく何かちょっと独特な方法だなと思ったのでメモしておきます。

1、馬やロバのいる草原にお邪魔してせっせと糞を集める
2、集めたものをブルーシートの上に広げて乾燥させる
3、ある程度乾燥したらドラム缶またはプラスチックの大きな缶に移し、水で薄める
4、拡販して如雨露やバケツに移し、植物の周辺に撒く

ということをやってました。昔父が裏庭でトマトやキュウリなんかを育てるのを見てた限りでは、うちには鶏も馬も牛もいないので、代わりに買ってきた堆肥を土に混ぜ込んで土を作ってから植物植えてたのを覚えてますが、追肥の仕方として水に混ぜ込んでしまうのねww
と思って興味深かったです。確かに水分含んでいれば土に浸透しやすいし、効率良いのかもしれないですね。

そして最後にミミズ牧場でございます。これについては文章だけでは何とも説明しがたいので、「Worm farming」でググって頂いた方が実は分かりやすいという残念な感じなんですが。
また、これに関してはやり方を聞いたのと実物を見てきただけで、実際には作業した訳じゃないので若干不確かな部分がありますが、ご了承下さいませ。

1、バスタブを用意し、排水溝部分にフィルターとなる布などをきっちりと設置する
2、バスタブの中に土を入れる
3、ミミズを加える
4、コンポスト(野菜くずやら刈り取った雑草やら)を重ねる
5、新聞紙または藁などで別な層を作る(土の中の水分が多過ぎる時に、ミミズが溺れるのを防ぐために、上がって来れる場所を作るんだとか)
6、コンポストを追加して別な層を作る
7、鉄板など日光を遮るもので蓋をし、風で飛ばないように重しを乗せる
8、バスタブ排水溝の下にバケツを設置

大体こんな感じだったと思います。要はミミズを飼って、ミミズが出す排泄物をバケツに集めて、それを肥料として使うための装置だそうです。コンポストと一番違う点は、この装置では雑草や野菜くずはミミズの食料という位置づけなので、土に混ぜ込まないで層を作るだけにする。という点でしょうか。
中々興味深い装置でした。
因にバケツの中身は、先述の堆肥と一緒に水で割って植物に与えましたw


あとはライムを育てる際には、ライムの根が浅いから雑草は根っこから取らずに土の表面を刈り取るだけにするとか(バターカップという名前のややこしい天敵(雑草)だけは特別なんですが)勉強になりました。
あとは馬やロバに触って楽しんでたりとか、紫蘇の実植えてきたりとか、楽しくも特に記載する点が無いので割愛致します。

ちなみに、写真をアップするために必要になるSDカード読み込む機械をスーツケースに入れたまま預けてしまった事に気づきました...すみません、写真はまた別な機会に(汗)。



明日からいよいよWWOOFerです! [WWOOF]

ということで、明日から農場行って参ります!
1件目、Swansonというところにあるオーガニック農場です。
この1週間結局ほとんど荷物整理に追われてましたが何とかなりそうです。少なくとも死なない程度に荷物まとめて、実家に冬物の一部を送りつけ(笑)、怒濤の勢いでプリントの選別をしてそしてノートに書き写し、圧縮袋と今まだ戦ってますww

そして今日で確か、上司に「農業をやるためにニュージーランドに行きたいので退職させて頂きたいと思います。」と言ってから1年が経つのではなかったかと思います。
体感時間としては短かった気がするのですが、1年経ってやっと実際に農場に行くのかと思うと、時間がかかってすみませんとしか言いようがないですね。
どうにもトロくてすみません。
会社の皆さんから頂いた色紙はこちらに持ってきていて、時々眺めては励ましてもらってます。新番の入れ替わり時期で本当に忙しい中、色紙やら送別会やら色々と時間を割いて頂いて本当にありがとうございました。おかげさまで頑張れてます。

そして前置き長くなりましたが、明日から行く農場ではインターネットがほぼ使えません!ので、私へのご連絡がある方メールでお願いします...が如何せん総量50Mしか使えないそうなので返信間に合わなかったらすみません。1週間後に一度バックバッカーに宿泊しますので、その際にできるだけ返信させて頂きます。
どうしても緊急事態なんだけど...という方は一度その旨をメール下さいませ。
緊急対策施します。

ブログの方も1週間のお休み頂くことになりますが...まあそれは寧ろいつものことなので気にする人あまりいないでしょう(笑)。
そして20日は待ちに待ったIELTSテストの日です!
今後の職探しやらビザ関連やら色々関わって来る重大な試験なので、そっちもぬかりなくやっていくつもりです。
ということで、行ってきます☆



残念なお知らせ [WWOOF]

最初に行くことになってる農場主の方が腕を痛めてしまったので1週間仕事休まなければならないから、来る時期を1週間遅くしてくれという連絡がありました。
怪我なら仕方ない...。

ということで15日から1週間だけお邪魔することになりました。
それまでは試験ギリギリまで勉強できることになるから、ある意味良いと言えば良いけど。
その後はロトルア行きです。
ロトルア周辺で少し留まってフルーツピッキングでもやりながら小銭貯めておきたいなと思ってますが、どうなるかしら。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。