So-net無料ブログ作成
検索選択
ロードオブザリング&ホビット ブログトップ

やっとHobbit観てきましたー! [ロードオブザリング&ホビット]

どんなに忙しくても、精神衛生上休憩と保養は必要ですって言い訳を、心の中でしながら観て参りました。
良かったです。
2部作の今回は1作目ということらしいです。もうめっちゃ良いところで終わるという...「嗚呼、もう何でここで終わるかな!これであとまた1年待たなきゃならないとか。。。うにゃー」って、ロードオブザリングのシリーズが好き過ぎる私には非常に苦痛な1年になりそうなのですが。。。
いいですよ、ロードオブザリングのDVD日本に帰国した時にこっちに運んで来るから。そして、これまた実家に眠っている原作を引っ張りだして読むから。。。それでも1年つぶせなかったらHobbitの原作を途中まで読むか。。。それまでに今回のDVD出たら買うか、それともまた全部セットになったUnlimited ver.が出るまで待つべきか。。。悩みどころです。(因にロードオブザリングの方はサントラ含めて全部揃えるというマニアっぷりを発揮しているくらいなので、どっちにしろ買う物は買うのですが)

普通におじいちゃんのビルボがお家でフロドと話しているところから回想に入り、そこから物語が進むのですが...前回のロードオブザリングを少し思い出しながら観ると、何だか感慨深いものがあります。特にあの2人が平和にシャイアで暮らしてるわー。と思うと。そしてそこに(ロケ地にですけど)行ってきたと思うとw

強いて言うなら、新しい感じはないです。
戦闘シーンも、ロードオブザリングのときと同じで、ピンチになっては盛り返し、直ぐに別なピンチがやってきては、絶妙なタイミングで仲間が助けにやってきて、「あんた絶対美味しいとこもってくために今まで待ってたやろw」って思うくらい本当に都合良く現れては、助けてくれる。という繰り返しな設定になってますwそして細かい突っ込みどころは多いです。

何故最初からそうしなかった。

って聞きたくなる展開が、特に戦闘シーンではてんこ盛りなわけですw
が、まあ盛り上がるように作られてるから良いんじゃないかなと個人的には思ってます。
っていうか、もう中立的に作品観る気が全くないので、好きすぎて傾いた視点からしかHobbitについては語れないんですけどもw

いつもの通り風景が綺麗で、いつもの通り衣装や小道具もデザインが格好良くて素敵で、いつもの通りいかにも分かり易くファンタジーなキャラクターが立ってて好みというのと、今回は王道の分かり易い「ドラゴン退治」という骨子があるのと、前作のロードオブザリングに出てきた土地やら、キャラクターやらも出て来るので、系譜が分かってちょっと懐かしい感じで観れて楽しめるという。。。元々のロードオブザリングファンには美味しい映画じゃないかと思います。
音楽は前作と同じハワード・ショアさんで、前作の雰囲気と合わせてあったり、ドワーフバーションになってたりと、相変わらず綺麗な音楽楽しめましたし。

あれですけども、今回は他の誰よりも、そして一応主役らしいビルボよりも、ドワーフ族の活躍とちょっとアホっぷりを楽しむ映画な感じですけども。
ドワーフ族の王様めっちゃ格好良いというのが、一つの見所なの。。。かしら?
個人的にちょっと残念だったのは、流石に前作から10年近く経ってるので、ガンダルフが少し老けて見えるというのが。。。設定上はロードオブザリングより若い筈なんだけど。
でも役者さん自身がおじいちゃんだからそこは仕方ないのか、と思いながらも、特殊メイクさんもうちょっとそこは何とかしてほしかった。。。と思ってしまいました。
いや、ガンダルフは常に素敵だけど。
エルロンドとガラドリエルのエルフ2人組が見事に全然前作との年齢差を感じさせないくらい綺麗に再現されてたので、比較すると余計に、という部分があるのかもしれないですが。

でも久しぶりにガンダルフの活躍をスクリーンで観れたので満足です。
そして前作でも崖崩れにあったところで更に壮大な崖崩れっていうか、崖が動いてたりとか、同じ舞台で同じようなことやってたりもするんですけど、そこは場所柄の特徴としてとらえられる部分と、前作をしっているからこそ、ビルボとフロドの親子(正確には親子じゃないですが)2代に渡って変わらないなぁ、みたいな視点でも観ることができるので、それはそれで楽しめるという、ちょっとそういう意味で特殊な雰囲気の映画だなと思いました。
というか、多分原作がそもそもそんな感じなんじゃないかと思うのですが。

ということで、最近切手も買って、映画も観て、Hobbitキャンペーン中のアイスも食べて、非常に幸せでございます。
早く続き観たいなぁ...。
でもその前に、今回は普通に2Dで観たから、時間に余裕ができたら、今度はIMAXの3Dで観てみるのも良いかもしれない。とか本気で考えている今日この頃です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Hobbit記念切手買っちゃいました! [ロードオブザリング&ホビット]

ということで、ニュージーランドに住んでてものすごく良かったと思ったことその1です。こちらの郵便局で普通に記念切手とメダルが売っているので、取りあえず切手とポストカードのセット買ってしまいました。
書店や空港などでも、色々なホビットグッズや本が売っていますが、この切手セットとメダルは郵便局でしか扱っていないようで、他のお店では見た事がないのです。。。ニヤニヤが止まりません。
ポストカード6枚と、それぞれのキャラクターの切手6枚のセットで$14.40でした。本物の切手なので使おうと思えば使えることを考えれば良心価格だと思います。
流石国営の郵便局。

DSCN2660.JPG

メダルは欲しいけど、流石に高い(シルバーでも1枚で約$150とかする)ので、そっちはちょっと見送ってますが。。。ガンダルフのシルバーとゴールド良いですよねぇ...。

DSCN2661.JPG

そして送料がまた高くなりますが、どうやら海外に向けてNew Zealand Post通販も行っているみたいです。郵便局にあったパンフレットに海外に送る時の送料一覧もくっついてました。
New Zealand Post のHPからも通販の申し込みできるようなので、送料かけてもどうしても欲しいぜ!という私ばりにHobbitオタクな方は一度ホームページ覗いてみるとよろしいのではないでしょうか。

さて、今日は早々と仕事が終わりましたので、これからHobbit観てこようかなと思います。
ついでに今月に入ってからニュージーランドのアイスクリーム屋さんNew Zealand Naturalでは、Hobbitと連携したチョコチップアイスみたいなのを売っていて、それを買うとHobbitグッズが当たる抽選に応募できるというのをやってたのですが...今まだやってるのかな。やってたらもう一回食べてこようかしらw
他のアイス屋さんより少し安めな価格設定なのに、結構美味しいのです。
ということで行ってきます☆



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こっちの劇場には何故か前売り券がないようです [ロードオブザリング&ホビット]

見た事がないし、前売り券の案内とかポスターとか全くないです。
私が今いる場所最寄りの劇場はシネコン型で大きいのですが、そもそもチケット売り場専用のレーンが無く、券売機以外はフードコーナーにチケットも一緒に売ってるレーンが1つあるきりです(@_@)
ウェリントン行けば違うのかな...それともあんまり映画観に行く人が居ないのかな...確かにこないだ観たもの凄いB級感にあふれるインド(だと思う)の映画「Son of Masadohra(最後の部分名前なので不確か)」は土曜日午後3時くらいだったにも関わらず観客が全員で5〜6人くらいしかいなくて、スッカスカでしたけど...。あれはあの作品がとてもマイナーだからだと思うけど。

日本の劇場で売ってる前売りは大体いつも先着で小さいプレゼントがついてて、レディースデイに観に行くよりちょっと高くつくことを承知でオマケ欲しさに好きな作品の前売りは買ってたのになぁ...良いなぁ。こっちでもオマケ付き前売り無いのか劇場係員さんに聞いてこよ。

因にここの劇場の普通料金は、大人18ドル(1300円くらい)、学生11ドル(大体800円くらい)で、火曜日はサービスデイで誰でも11ドルで観れる日です。日本より元々の価格設定は少しお安くなってます。因に地方の小さい劇場とか行くと、値段設定が若干違うようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Hobbitonの写真 [ロードオブザリング&ホビット]

以前行ったホビトンですが、以前はネット環境が制限されていて全部をこちらに上げる事ができなかったので、折角だから記念すべきこの日に!(昨日はウェリントンでプレミアの日です...行きたかったぁ)ということで、追加でいくつかアップします!(キレイに撮れたところだけ)

入ってすぐにある、道しるべ。

DSCN1500.JPG


DSCN1539.JPG


DSCN1576.JPG


ホビット用小さい庭の鳥の巣の中には本物の鳥が住み着いてました。

DSCN1504.JPG


ガンダルフとホビット達の冒険がモチーフのレリーフ。ホビトンの外にある、カフェ前にある岩の表面に彫り込んであります。

DSCN2485.JPG


DSCN2486.JPG

こちらのカフェに一旦みんなで集まって、

DSCN2499.JPG


そこから出るバスに乗り換えてシャイアまでご案内です。バスにもうちょっと趣がほしいと思うのは私だけなんだろうか...まあ、乗ってる本人からは見えないし、どうせシャイアについたら降りてしまうので良いと言えば良いですけども。

DSCN2480.JPG


そして私も行くまで知りませんでしたが、実はホビトンの周りは見渡す限りの牧場です。
羊が大量に、そしてたまーに牛がポツポツと飼われています。

DSCN2498.JPG


なんか、ホビットが羊に変わっただけじゃないのかと思うくらい、見渡す限りロードオブザリング的な景色です。

DSCN2494.JPG


ちなみにここの牧場では羊ショー的なものとかファームステイとかもやっているらしく、羊が3階建てバスに乗って運ばれてました。
内容については私は見てないのでなんとも分からないのですが。

DSCN2512.JPG


それにしても、ホビット早く公開されないかなぁ...。
あと2週間が長く感じられます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホビットツアー行ってきました! [ロードオブザリング&ホビット]

4/14土曜日に「Hobbiton」ツアーに行ってきました。
オークランドシティーにある語学学校の生徒たちを対象としたツアーで、通常価格より少し安いのかな?って感じのツアーです。
朝8:15集合という、交通事情が日本ほどよろしくないNZにおいては「なんてこったい」ってなる集合時間だったのですが、私がステイしているところはそんなに田舎じゃないので普通にバスで行けました。(ツアーで知り合った日本人の男の子はもっと遠いところにステイしてるらしく、別な路線まで30分歩いてバスに乗ったと言ってた(汗))
そして、10人くらいでマイクロバスに乗り、2時間ほどひたすら走り、(中略)ついにホビット村へ。
DSCN1494.JPG

ツアーではホビットツアーの現地ガイドをやっているお姉さんの後について、全員でひたすら写真を撮る感じだったのですが、movie setとわざわざ書いてくれている通り、「セットなので大変壁やドアが薄く、壊れやすいので触らないで下さい。」とのことでした。
ちょっと残念だけど、まあそうですよね。
と思いながらパシャパシャと取ってきましたとも。
30人くらいの結構な人数での移動なので、自由に動き回れる訳でもなく、個人的にはもっと自由に見て回りたかったのと時間が欲しかったのですが、それでも正味1時間くらいひたすら写真を撮ってました。ちなみに周りはこんな感じです。いかんせん人が多いので、人が映り込まないように写真撮るのは結構大変です。
DSCN1522.JPG

頑張ったけど。
そして、ホストファミリーもあとホビットツアーに参加した人の感想とかでも、あまりこのツアーは良くないという前評判だったのですが、でも私には素敵なツアーでした。
たとえ自由に見れなかったとしても、写真撮る時間が足りなかったとしても、それがどうしたというのかという勢いで良かったです。
だって私10年前からずっとここを見たかったんですもの!
8年前に大学の語学留学でNZに来たときも来たかったんですもの!!
でも自由時間が少なかったり何だりで行けなくて、それからずーっと来たくて仕方なかったんですもの!!!
見れただけでかなり満足です。
そしていくつか良く撮れた写真をピックアップ
DSCN1526.JPG
これはどなたかのお家です。パブの向かい側にあります。

DSCN1578.JPG
そしてこちらが主人公のお家です。緑のドアが目印です。

そんな感じで楽しく週末を過ごしてきました。
あとはオークランドにいるうちに、動物園と水族館と、周辺にあるいくつかの島々(ホストファーザーPeterさんによるとBay of islandsが一番オススメらしいです)に行って、ホエールウォッチングとか野生のNZの鳥たちを見てきたいなと思ってます。
そして明日からまた学校が始まります。
宿題やらにゃ...


The Hobbit: An Unexpected Journey: Official Movie Guide

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ロードオブザリング&ホビット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。